技能実習生受入について SYSTEM

ー 技能実習生受入について ー

安全性の向上と効率化、職場の活性化

技能実習生の受入には、認可を受けた技能実習計画に基づいた技能実習と技能実習日誌の作成が必要です。
企業内で改めて作業工程マニュアルや安全ルールの確認、見直しをする事で作業効率の改善や古くなったマニュアルやルールの見直しを通じて、一層の安全性の向上と効率化につながると考えられます。
 また日本の技術、文化を習得しようとする意識が高く向上心のある実習生が組織に関わる事で、実習生の仕事に対する姿勢や勤勉さが社員、パートの皆さんの新しい刺激となり、話しかけたり教えたり共有したりすることによってコミュニケーションがよくなり、従業員の方々の前向きな姿勢や責任感も強くなると考えられます。

人材育成を通じた国際貢献

開発途上国の若い人材に、日本の優れた技術/技能/知識を学んでもらい、母国の発展を支える人材を育てて送り出す事を通じて、わが国の国際貢献の一翼を担います。

企業の国際化、海外進出の足掛かり

日本から自社製品やサービスの輸出、海外からの製品の輸入など現地企業との取引や、現地法人設立など海外での事業化や御社で学んだ実習生による現地採用社員の教育などの現地要員化にも繋がり、御社の飛躍の可能性は、無限に広がります。

ー ヒント ー

はじめて技能実習生を受け入れる企業にとっては、
受入当初は初めてな事ばかりで戸惑う事も多いですが、
実習生も同様に不安を抱えています。
家族と離れて言葉、仕事、文化、習慣、人間関係等々。
これだけの大幅な環境の変化を抱え当初はコミュニケーションまで気を配るのは難しい事もあります。
企業や社会に馴染み、安心して実習に取り組めるよう監理団体の役割は重要です。
担当者が定期的に受入企業を訪問し、
企業・実習生双方の相談や適切なサポートの出来る体制の整った監理団体を選ぶことが重要です。

技能実習生の受入において大切なことは、相手の国民性・文化・習慣を尊重することです。
国により文化・生活習慣や考え方は異なります。
日本式を強要するのではなく、
お互いの違いを尊重し敬意をはらう姿勢が実習生の個性を引き出し、
実習制度を実のあるものにすることができると考えます。
受入企業と監理団体が協力して実習生の労働・生活環境を築くことが重要です。

TOP